まずは弁護士に相談!交通事故、京都

離婚問題・親権争いなど家庭の問題も安心解決!悩んでいないで、まずは相談しましょう。弁護士は家庭の問題から借金問題など、あらゆる問題をサポートします。大阪、京都、千葉でお悩みの方は今すぐ弁護士、法律事務所へ

TOP > 交通事故 > 交通事故弁護士 > 交通事故弁護士の相談料や報酬額はどのくらいなのか

交通事故弁護士の相談料や報酬額はどのくらいなのか

弁護士の相談料や報酬額は、昔は基準が決まっていましたが、現在は自由に設定できるようになっています。そのため、交通事故弁護士に交通事故のことで相談する場合にかかる相談料や、仕事を依頼したときにかかる報酬の額は、弁護士ごとに異なります。

ただし、全く外からどのくらいの費用がかかるのかわからないわけではありません。弁護士事務所によっては、予め大まかな費用についてホームページに掲載していることがあります。

そのため、予め知っておきたいのであればそれらを参考にすると良いでしょう。中には初回に話を聞いてもらう費用が無料という所もあります。費用を賭けたくない人は、それらの点を参考に交通事故弁護士を選ぶと良いでしょう。

弁護士による交通事故相談

交通事故の被害にあった場合、通常は保険会社からの保険金が支払われますが、必ずしも意図した内容にはならないことがあります。たとえば、物損事故の場合、車両の価格として妥当性を欠くような賠償金しか認められないこともまれではありません。

また、人身事故の場合も、精神的な苦痛に体する慰謝料や休業損害などは、算定の方法によって大きな違いが生じます。特に、むちうちのように、外見からの判断が難しい症状が生じた場合には、被害として認定してもらえない可能性も大きいといえます。こうした場合、弁護士の交通事故相談を受けるなどして、法律上の観点からの専門的知識をもとに問題を解決することが望まれます。

交通事故相談を弁護士にするメリット

加害者側や保険会社との示談がうまくいっていない場合は、弁護士に交通事故相談をしたほうがいいです。法律関係が絡むトラブルにおいて、交通事故はもっとも弁護士の力が発揮される分野です。

弁護士に相談するメリットは、弁護士基準という慰謝料を適正な金額で請求できる基準が設けられていることです。弁護士が被害者の代わりに加害者側と交渉してくれるので、冷静に話し合えない場合や相手の顔を見たくない場合にも安心です。むちうち症などの後遺障害の申請は全て任せることができますし、過失割合を適切な数字にすることもできます。賠償金を誤魔化されてしまうなどの心配もなくなります。

後遺障害より交通事故弁護士に任せるメリット

交通事故弁護士は、交通事故に見舞われた場合に真っ先に相談できる、頼もしい存在です。相手の後遺障害が認定された場合、保険会社に一存することには不適切な場合が多いからです。なぜなら、保険会社の利害は加害者・被害者ともに反するもので、なるべく賠償金の支払いを少なくするよう取り計らうからです。

一方、弁護士には被害者との利害を一致させるもののため、適正な損害賠償を請求するよう働きかけることができます。保険会社による基準や自賠責に基づいた示談の場合、交通事故の状況を踏まえた賠償額に達するケースが少ないため、裁判基準で交渉するのが望ましいとされています。

後遺障害と交通事故弁護士

交通事故に遭ったら、少しでも早く交通事故弁護士に相談をしておく事がおすすめです。事故を起こした人が加入している保険会社は、少しでも慰謝料や示談金が少なくて済むように交渉をしてきます。

ですが、後遺障害が残る場合等、しっかりとした慰謝料や示談金を受け取っておかなければ、その後の治療や生活が困難になってしまう可能性もあります。弁護士に相談をすれば、代わりに交渉をして貰えるようになり、それによってしっかりとした慰謝料や示談金を手にする事ができるようになります。ですから、事故に遭ったらまずは弁護士に相談がおすすめです。

交通事故について

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

千葉県弁護士会

http://www.chiba-ben.or.jp/

〒260-0013 千葉県千葉市中央区中央4丁目13番9号

メニュー

TOP 相続手続き 離婚相談 債務整理 過払い大阪 交通事故弁護士 交通事故慰謝料 交通事故 B型肝炎訴訟 弁護士

安心サポート案内

交通事故について

B型肝炎訴訟