まずは弁護士に相談!

離婚問題・親権争いなど家庭の問題も安心解決!悩んでいないで、まずは相談しましょう。弁護士は家庭の問題から借金問題など、あらゆる問題をサポートします。大阪、京都、千葉でお悩みの方は今すぐ弁護士、法律事務所へ

TOP > 債務整理 > 債務整理が必要となる多重債務者となってしまう特徴

債務整理が必要となる多重債務者となってしまう特徴

債務整理が必要になってくる人の中に、多重債務者も含まれます。その多重債務者となってしまう人の特徴は、どのようなものでしょうか。借金をしてしまう理由は、人それぞれですがギャンブルや浪費癖もその一つです。どちらも自分の欲を満足させるためのものなので、自分の欲をコントロールするのが難しい人です。

これを自己統制力が低いと言い、セルフコントロールができない人のことです。このセルフコントロールには、自我を抑制して欲に流されない忍耐が必要となります。借金をしてしまう原因に、奨学金や家のローンがありますが、欲のために借金をする人もいます。

弁護士に債務整理の任意整理をしてもらい借金返済の負担を軽減

金融会社の借り入れやクレジットカードの利用などで作った借金を返していくのが苦しいと感じた場合、債務整理を行いましょう。債務整理には複数の手段がありますが、利息分をどうにかすれば返す見通しが立てそうだという場合には任意整理がおすすめです。利息制限法の上限金利まで引き下げてから再計算することで、借金の減額を狙えます。

そのうえで利息分を免除して元金のみを返していくよう交渉が成立すれば、月々の返済額が小さくなるため、金銭面だけでなく精神的にも負担が軽減できます。弁護士事務所ではこうした相談を受け付けていますので、まずは足を運んでみることをおすすめします。

過払い、債務整理、離婚について

多重債務者は債務整理を行いましょう

日本には、多重債務者がとても多く居ます。多額の借金を抱えている方は、弁護士に借金相談を行い、借金の減額などを行いましょう。減額をするには、債務整理を行い過払い請求や任意整理などをしていきます。

過払い請求では、払いすぎた利息を金融機関に対し返済を求め、返済された利息を借金の元本の返済に充てることが出来るので、多額の借金の減額をすることが出来ます。弁護士はいろいろな手段を利用し、借金の減額をすることが出来ます。どうしても返済目途が立たない場合は自己破産等をすることが出来ますので、借金で困っている場合はすぐに弁護士に相談をするようにしてください。

債務整理をして多重債務のストレス軽減

事業の拡大や投資など、多重債務者となった理由は人それぞれです。月々の督促が原因で不眠症になったり、ストレスからギャンブルや飲酒に走り、さらに借金額を増やしてしまうという人も少なくありません。借金が理由で悲観的になったりやけをおこしてしまう前に、債務整理を行って生活を立て直しましょう。

法律相談所では収入や借金額に応じて最適な債務整理を提案してもらえます。借金が免責される自己破産や、引き直し計算により将来利息をカットして減額を試みる任意整理などがあります。一定期間はローンを組めないなどのデメリットもありますが、計画的に返せる見通しが立つことで精神的な余裕が生まれるでしょう。

任意整理とその他の債務整理との違い

借金を任意整理する場合、その他の債務整理と違うところは何でしょうか。まずは、債権者との直接交渉をするという点です。裁判所を通さずに済むので、比較的簡単な手続きとなります。

次に、所有資産を手放さずに済むという点です。自己破産の場合、住宅など一定額以上の資産は手放さなければいけませんが、任意整理であればその必要がありません。最後に、職種制限が無いという点です。保険外交員や警備員などに就けない期間が発生する自己破産と違って、転職の際にも困りません。債権者との交渉次第で今後の返済がぐっと楽になりますので、まずは弁護士へ相談してみてはいかがでしょうか。

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

メニュー

TOP 相続手続き 離婚相談 債務整理 過払い大阪 交通事故弁護士 交通事故慰謝料 交通事故 B型肝炎訴訟 弁護士

安心サポート案内

交通事故について

B型肝炎訴訟

弁護士・司法書士