まずは弁護士に相談!交通事故、京都

離婚問題・親権争いなど家庭の問題も安心解決!悩んでいないで、まずは相談しましょう。弁護士は家庭の問題から借金問題など、あらゆる問題をサポートします。大阪、京都、千葉でお悩みの方は今すぐ弁護士、法律事務所へ

TOP > B型肝炎訴訟

当弁護団におけるB型肝炎の訴訟費用

B型肝炎訴訟には様々な地域における弁護団が存在しております。例えば北海道弁護団におきましては、訴訟費用の設定がインターネットなどに提示されています。

裁判に参加するために必要とされるものは実費としまして9000円が設定されており、これは訴状に貼付する収入印紙代としての5000円と裁判所への郵便代としましての4000円の合計金額となっております。

さらに各種の検査費用などは各個人で負担をすることとなっております。そして当弁護団の設定としまして、弁護士費用や弁護団活動費および原告団活動費などに関しましては、B型肝炎訴訟におきまして賠償金の受給がなされた時点で、その中から支払うとする仕組みとなっております。

B型肝炎訴訟での費用の違い

B型肝炎訴訟をおこなう場合において、どの弁護士事務所に依頼すべきか、インターネットなどでリサーチをする人が多いでしょう。その場合に一番気になる部分が弁護士費用の部分でしょう。弁護士事務所によって費用は大きく異なることがあるでしょう。

安い費用だからと言ってその弁護士事務所を選ぶのは危険でしょう。安い費用の事務所は薄利多売で案件をさばいている可能性があり、サポートに不安がある場合があります。訴訟を起こすからには和解を目指すと思いますので、しっかりとした弁護士事務所を選ぶことが重要になってくるでしょう。

B型肝炎訴訟の流れについて

B型肝炎訴訟は国をあいてどり訴訟を起こす必要があり、それから和解へとなる流れになります。訴訟を経験したことがない方が多いでしょうから、訴訟と聞いて戸惑う人もいるかも知れません。しっかりとした弁護士事務所に依頼することで解決していくことができるでしょう。

具体的な流れとしては書類の収集からはじまり、訴訟を起こし和解になる流れになります。和解が成立するとB型肝炎給付金を受け取れるようになります。かかる期間としては弁護士に依頼し、和解に到るまでは一般的には半年から一年程度とされていますので、少し時間はかかってしまいますが和解できれば給付金を受け取ることが可能になります。

B型肝炎訴訟の内容について

B型肝炎訴訟は学校などの予防接種などの注射器の連続使用によって発症してしまった人を対象にして、国に対しての訴訟を起こすことを指します。これまでも多くの人が和解になっていて、その場合にはB型肝炎給付金が給付されることになっています。

発症したと考えられている数に対しての訴訟数には至っておらず、泣き寝入りしてしまっている現状があることがあげられます。給付期限が過ぎてしまいますと1円ももらえなくなってしまいますので、B型肝炎の疑いがある人はしっかりと調べることをおすすめします。全国にはB型肝炎訴訟を得意としている弁護士がいますので、相談することもできるでしょう。

B型肝炎訴訟を弁護士に依頼

B型肝炎訴訟をすると決めたら、まずは弁護士に相談することです。自身だけで訴訟を起こすことも認められていますが、その場合に起こるリスクやデメリットを考えると、きちんとした法律のプロに依頼することをおすすめします。

弁護士に依頼することで、B型肝炎給付金に弁護士費用も給付されるようになりますので、依頼した方が断然お得になるでしょう。弁護士事務所の中には、これまでもB型肝炎訴訟をおこなってきていて、多くの実績を残している弁護士事務所もありますので、そのようなしっかりとした弁護士事務所に依頼することをおすすめします。

B型肝炎訴訟をご存知ですか

B型肝炎訴訟について、知っておく必要があります。そもそもB型肝炎というのは、小さい時に受けた集団予防接種等が原因で、B型肝炎ウイルスに感染してしまう病気の事です。最近はテレビCM等でも時々流れていますが、この病気になった場合、ある条件に該当していれば、国から給付金を受け取る事ができる可能性があります。

もちろん、諸々証拠資料を集めて国に対して提訴する必要がありますので、大変なイメージを持つかと思いますが、しっかりとした弁護士に依頼をすれば心配はいりません。相談を無料で行っているところもありますので、心あたりのある方は迷わず相談してみてください。

B型肝炎訴訟で給付金をもらうには

予防接種などの注射器の使い回しによって、B型肝炎に感染した方の中には、給付金を受け取れる対象者の方がいます。給付金がもらえるかどうかは詳しく調べる必要があります。

また、給付金をもらうためにはB型肝炎訴訟を起こす必要があり、どちらにしても弁護士に相談した方がスムーズに手続きを行うことができるでしょう。必要な証拠などを揃えた上で訴訟提起を行い、和解協議をし、和解成立すると社会保険診療報酬支払基金に請求書を提出することとなり、それから給付金を受け取るという流れになります。有効な証拠を集めるのも自分一人では難しいので、専門家に相談しましょう。

B型肝炎訴訟について

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

メニュー

TOP 相続手続き 離婚相談 債務整理 過払い大阪 交通事故弁護士 交通事故慰謝料 交通事故 B型肝炎訴訟 弁護士

安心サポート案内

交通事故について

B型肝炎訴訟