まずは弁護士に相談!交通事故、京都

離婚問題・親権争いなど家庭の問題も安心解決!悩んでいないで、まずは相談しましょう。弁護士は家庭の問題から借金問題など、あらゆる問題をサポートします。大阪、京都、千葉でお悩みの方は今すぐ弁護士、法律事務所へ

TOP > B型肝炎訴訟 > 予防接種によるB型肝炎可能性と訴訟費用

予防接種によるB型肝炎可能性と訴訟費用

昭和23年以降行われていた幼少期の集団予防接種では注射器を連続使用していたために、40万人~45万人の方がB型肝炎ウイルスに感染したと言われています。

もし集団予防接種が原因でB型肝炎ウイルスに感染した可能性がある場合は、国から給付金が支給されます。

ただ、B型肝炎ウイルスの感染原因は様々ありますので、幼少期の集団予防接種が原因であることを裁判所にいて認定してもらわなければなりません。そのためには肝炎の検査結果や母子健康手帳、カルテなどの必要書類を用意しなければならず、また訴訟費用も必要です。

訴訟に必要な印紙代は給付金額によって5,000~120,000円と幅があります。

詳しく知りたいB型肝炎訴訟

強制的に行われていた集団予防接種はB型感染の原因になったとして、B型肝炎訴訟が起こされ、注射器の連続使用など、国が責任を取るという経緯が存在しており、給付金が支払われるようになりました。

対象となる本人とその家族へ、B型肝炎が引き金となる様々な症状が発生している場合の救済措置として取り入れられており、条件を満たす方へ一定の金額が支払われます。手続きを行うためには、そして自分が対象者に含まれるかどうか知るためには、弁護士などへの相談が重要です。また自分が損をしないためにも、正しい情報を入手することも大切な作業です。

B型肝炎訴訟における対処について

昭和23年以降に実施されてきた集団予防接種などが原因となって被害が拡大されたB型ウイルスへの感染は、国に責任を認めさせるためのB型肝炎訴訟が行われた経緯があります。現在では、手順通りの手続きを進める事によって、救済措置ともなる給付金が支給される制度も取り入れられており、感染被害者本人や家族に対する手立てが行われています。

自分が対象に含まれるのか銅貨を知りたい場合など、弁護士へ相談することで疑問が解決するケースも多く見受けられます。損しないようにも正しい知識や情報を取り入れながら、対処させていきたいものです。

B型肝炎訴訟を詳しく知るために

過去に実施されてきた集団予防接種においては、注射器が連続使用される事によってB型肝炎ウイルスの蔓延に繋がりました。国による責任を認めさせるため、感染被害者と弁護団が起こした裁判はB型肝炎訴訟として、後々の制度に大きな影響を及ぼしています。

和解が成立した後に被害者に対しての救済措置として給付金が支払われるようになり、被害者本人と家族が対象として含まれています。B型肝炎の症状が実際に見られる場合、さらに感染の可能性がある場合において、様々な条件項目を満たしていれば、手順に沿った手続きを行う事で支給されます。

B型肝炎訴訟を通じた制度について

過去に行われてきた集団予防接種におけるB型ウイルスの感染は、日本全国で広がった後に、今に至ります。B型肝炎訴訟を通じての和解により、国から被害者への給付金が支払われるという制度が設けられており、感染被害者にとっての救済措置として認識されています。

給付金を受け取るには正しい手順に沿った手続きが必要とされており、裁判所で訴訟を起こす必要があります。弁護士へ相談することにより、自分が対象となるのか、またどのような手続きが進められるのかなど、正しい情報を取り入れながらの判断基準を身に付けることもできます。

B型肝炎訴訟について

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

メニュー

TOP 相続手続き 離婚相談 債務整理 過払い大阪 交通事故弁護士 交通事故慰謝料 交通事故 B型肝炎訴訟 弁護士

安心サポート案内

交通事故について

B型肝炎訴訟