まずは弁護士に相談!交通事故、京都

離婚問題・親権争いなど家庭の問題も安心解決!悩んでいないで、まずは相談しましょう。弁護士は家庭の問題から借金問題など、あらゆる問題をサポートします。大阪、京都、千葉でお悩みの方は今すぐ弁護士、法律事務所へ

TOP > 交通事故 > 交通事故慰謝料

慰謝料相談が必要になる交通事故

接触しただけで両方がそれほど怪我を負っていない場合や、病院で手当てを受けるほどでもないという交通事故であれば、交通事故慰謝料相談を必要としないかもしれませんね。時には示談金を支払うという事もあります。

しかし、通院や治療の必要がある怪我をした場合などには、慰謝料相談が必要になってくるだろうと思います。交通事故の問題を得意としている法律事務所を見つけて相談したいですね。急いで欲しい時には、その事も伝える様にしましょう。

素人では詳しい事は分からない事もあると思います。きっとどんな事故であったとしても、知識や経験を活かし、プロの視点から解決に向けて全力を尽くしてくれる事でしょう。

事前に交通事故の問題を得意とする弁護士がいる法律事務所をチェックしておくのもいいかもしれませんね。

事故でむちうちになったときの交通事故慰謝料

むちうちといっても、度合いや身体の頑丈さによってダメージの大きさや症状の出方など、人それぞれ違ってきます。事故から一週間ぐらい後になってから症状でてくる場合もあります。

治療費や通院費、入院された場合は入院費、診断書作成費用、それが元で仕事を休まなくてはならなくなったときの休業損害、後遺症が残ってしまったときの慰謝料など、大まかな交通事故慰謝料の基準が設定されていますが、身体的な苦痛よりも、人によっては精神的苦痛に対する損害の大きさによって、むちうちの場合は交通事故慰謝料の金額が変動してくるそうです。

交通事故慰謝料を等級認定で受けることができた事例

会社員のBさんは、会社帰りに車と衝突をして、足や腕を骨折してしまいました。折れ方が悪く、1年以上通院が続きましたがそれでも完治しませんでした。そんな折、保険会社から「固定症状として認定する」と連絡が入ったそうです。

固定症状になると交通事故慰謝料の支払いが止まってしまうと聞いたことがあったBさんはすぐに弁護士に相談して、後遺障害等級の認定をもらいたいと思っている旨を相談しました。こちらの事例において弁護士の方は認定を受けるために必要な書類のアドバイスを親身になって行ってくれ、無事Bさんは等級を受けることができたそうです。

交通事故慰謝料においての事例について

後遺障害は交通事故でのケガが、治癒した後になっても残ってしまっている状態を指します。障害の種類としては、機能障害や運動障害,神経症状などを挙げることができ、非常に重い症状になりますので、場合によっては家族のサポートが必要になってくるケースもあります。

このような大変な事態に交通事故慰謝料が、どの程度獲得できたかは気になる点になります。交通事故を専門としている弁護士事務所に行けば、多くの事例を提示してくれると思いますので、参考にすることができます。また、弁護士を依頼できれば、依頼人の利益を目指して、一生懸命頑張ってくれることが期待できます。

加害者と被害者では交通事故慰謝料に対して要求が違う事例

交通事故が発生したしまった時にはどのような内容の事故でも、事故を起こしてしまった側と、事故を受けてしまった側が存在します。そういった中で怪我をおって、更には後遺障害が残ってしまうような怪我だった場合には揉め事になってしまう事例が沢山発生しています。

なぜ揉め事に発生してしまうのかというと、お互いの意見が食い違うためです。事故を起こしてしまった人としては最低限の交通事故慰謝料でなんとかまとめたいという考えですし、怪我をおってしまった人は自分の怪我にみあった慰謝料をもらいたいと思っています。そういった考えの差がトラブルに発展してしまいます。

交通事故慰謝料には弁護士基準も

自分で考えたことが、全て間違っていることもあります。特に交通事故にとっては、間違えていることが多いので、専門の方にお願いして教えてもらうことも大切です。後遺障害やむちうちの場合は、交通事故慰謝料を支払うことになります。

この金額は、自分で判断することも大切ですが、弁護士基準を教えてもらうことにより、ある程度の金額を理解できます。意外と高くなる傾向もあれば、安く抑えられることもあるので、状況に応じて基準を出してもらうといいです。あとは基準の内容に沿って、双方が同意できるように交渉を進めて、支払いをスムーズに行います。

交通事故慰謝料が増える事例

交通事故の状態によっては、後遺症が残る場合もありますので、相手からの補償に納得できない場合は、しっかりと意思表示するようにしましょう。交通事故慰謝料にも相場がありますので、過去の事例から慰謝料の金額を交渉することも可能です。

事故を起こした側の保険会社は、自賠責を超えた金額については、いかに補償金額を低く抑えるかと考えます。個人で金額を交渉するのは、難しいことも多いので、気になる場合には弁護士に相談してみましょう。依頼費用についても、成功報酬で受けてくれることもあるのか、依頼する際に相談してみると良いでしょう。

交通事故慰謝料における被害者請求や事例について

交通事故で負った怪我に後遺障害が残ってしまった際には、症状に応じて等級や、交通事故慰謝料が払われる仕組みとなっています。しかしながら、認定されるまでには時間がかかります。

そのような問題点を回避する方法としては、被害者請求を行うことができます。認定の期間までを短縮するのと同時に、自賠責保険金を早めに受け取ることが可能となります。また、認定の結果において有利になる傾向であることが挙げられます。このような細かな情報や事例も個人だと、わかりにくい状態にありますので、専門の弁護士をやとうことをお勧めします。

交通事故慰謝料の事例や相場について

交通事故で負ってしまった怪我に重い症状が出て、後遺症になってしまった場合には後遺障害の認定を受ける事ができます。認定を受けることで交通事故慰謝料の金額も大きく変わりますので、後遺障害の認定は非常に大切だと言えます。

しかしながら自力で行っていると、大切な部分を見落としてしまう可能性もあります。そのような不安がある際には、交通事故弁護士に依頼してみることです。弁護士ならばいくつも事例を抱えていますし、その都度適切なサポートを行ってくれます。無料相談を行なっている事務所も存在しますので、一度訪ねてみてもいいかも知れません。

交通事故について

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

千葉県弁護士会

http://www.chiba-ben.or.jp/

〒260-0013 千葉県千葉市中央区中央4丁目13番9号

メニュー

TOP 相続手続き 離婚相談 債務整理 過払い大阪 交通事故弁護士 交通事故慰謝料 交通事故 B型肝炎訴訟 弁護士

安心サポート案内

交通事故について

B型肝炎訴訟