まずは弁護士に相談!交通事故、京都

離婚問題・親権争いなど家庭の問題も安心解決!悩んでいないで、まずは相談しましょう。弁護士は家庭の問題から借金問題など、あらゆる問題をサポートします。大阪、京都、千葉でお悩みの方は今すぐ弁護士、法律事務所へ

TOP > 相続手続き > 期間が定められている相続手続き

期間が定められている相続手続き

相続相談には期間が設けられているため、計画的に進めていくことが必要になってきます。特に遺産分割協議や遺産分割協議書を作成する場合においては、思いのほか時間が裂かれてしまう可能性がありますので、早め早めに動くことが必要とされています。

必要な項目に計画を立てすすめていくことが望ましいですが、他の相続人も一緒に進めていくこともありますので、計画的にいかないケースもあるでしょう。そのような場合においては、第三者である専門家を交えて進めていくことで、相続手続きがスムーズに行われていく可能性があるでしょう。

相続手続き、相続相談をおこなおう

相続手続きを相続人同士でおこなっていくにあたって、遺産分割協議などで遺産分与の取り決めをおこなっていかなければなりません。それには相続人全員の同意が必要とされ、相続人が一人でも反対した場合においては、納得するまで続けていかなければいけない点があげられます。

このようなケースにおいては非常に困難であることがあげられますので、法律家に進行役を依頼しすすめていくことが望ましいと言えるでしょう。依頼することでトラブルを未然に防げるケースも多いとされていますので、相続相談などでまずは相談してみるといいでしょう。

相続手続きはもめる前に。相続相談はお早めに、そして気軽に

相続相談というと、堅苦しく感じるかもしれません。けれども、誰にでも人生の最期はやって来て、次世代に引き継がれていくものです。これまでの家族がつなげてきてくれた財産をどうするのか、普段から話をしておきたいものです。

堅苦しく話す必要はありません。気軽に、ざっくばらんに話せば、相続手続きでもめることも戸惑うこともありません。被相続人となる人が相続に対してどのように考えているのか、聞いてみるのもいいでしょう。全ての希望は叶えられなくても、できることをしたいと思うはずです。遺言書を書いて残してくれれば、正式な手続きがとれます。

相続手続きで困ったら、相談はお近くの弁護士、司法書士に

相続手続きで困ったときは、最寄りの司法書士に相続相談してみるといいでしょう。無料で相談を受けつけている事務所も存在しますので、利用してみると便利です。相続手続きでは、普段思いもよらない書類が必要になります。

被相続人、相続人の戸籍謄本がそれです。書類一式は、登記所、金融機関、保険会社などにそれぞれ提出する必要があります。金融機関に提出した書類を返却してもらい、使い回すこともできますが、時間や手間が相当かかってしまいます。5月から制度が変わり、法務局に書類一式、相続関係の一覧図を提出しておけば、証明書を発行してくれるようになりました。

相続手続きは司法書士にぜひ

相続手続きを実際にして、なぜこんなに費用も時間もとられるのかと疑問に思った方は少なくないでしょう。亡くなった被相続人だけでなく、相続人全員の戸籍謄本を揃えるには、手間も時間もかかります。

相続人がたくさんいれば、全員のものが必要ですし、離れて暮らしていれば、その分日数もかかります。2017年5月から、戸籍謄本などの相続に必要な書類を一式と、相続関係の一覧図を提出したら、法務局が内容を確認して、証明書として保管する制度になりました。それ以降は、写しを手続きに利用でき手間が省けます。手続きに疑問があれば、司法書士に相続相談するといいでしょう。

相続手続きについて

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

メニュー

TOP 相続手続き 離婚相談 債務整理 過払い大阪 交通事故弁護士 交通事故慰謝料 交通事故 B型肝炎訴訟 弁護士

安心サポート案内

交通事故について

B型肝炎訴訟