まずは弁護士に相談!交通事故、京都

離婚問題・親権争いなど家庭の問題も安心解決!悩んでいないで、まずは相談しましょう。弁護士は家庭の問題から借金問題など、あらゆる問題をサポートします。大阪、京都、千葉でお悩みの方は今すぐ弁護士、法律事務所へ

TOP > 交通事故 > 交通事故弁護士 > 知っておきたい交通事故弁護士に相談するタイミング

知っておきたい交通事故弁護士に相談するタイミング

"交通事故の損害賠償の金額は事故の当事者が話し合いをして決めますが、実費が原則の治療費の他にも、失われた所得や精神的に受けた苦痛に対する賠償である慰謝料など賠償項目は多岐にわたっていて複雑です。加害者側からは損害保険会社の担当者が話し合いにあたり賠償金額を提示しますので、被害者はその金額が正当な内容かどうをしっかり見極めなければなりません。

しかし、知識がないと難しいので交通事故弁護士に相談して示談を代行してもらうのが賢明です。

相談のタイミングとしては、示談交渉がこじれた時に法律事務所を訪れる人が多いのですが、交通事故に遭ったらなるべく早期に相談するのが安心です。早めに交通事故弁護士のサポートを受けていれば、後遺障害の認定等級決定についてのアドバイスもなどももらえ有利に交渉できます。"

交通事故相談を弁護士に依頼する

交通事故は自分どんなに気を付けていたとしても、相手の不注意で事故に合ってしまうことがあります。相手の不注意でこちらがむちうちになったり、慰謝料の相談をしようとしても、一般的に相手の保険会社が代理で出てくるケースが多いので、素人の方が保険会社と賠償金の支払いの話し合いを持ったとしても、プロである保険会社の有利な方へ話しが流れるケースが多く、そのような場合は弁護士に交通事故相談をされることをおすすめします。弁護士が法律的な立場で客観的に保険会社、加害者と話しをしてくれることで、より有利な条件で示談交渉を進めてくれる可能性があります。

交通事故相談に慣れている弁護士に依頼する

むちうちは、交通事故に遭った当日は体に異変を感じない人も多いのですが、翌日あたりから肩こりや頭痛、吐き気や耳鳴りなどの症状が出てきます。自律神経のバランスを崩した場合は、1日の中でも急に体調が悪くなる時間帯があるので大変です。

加害者が加入している保険会社から支払われるのは治療費や通院費、入院費や診断書作成費などです。通院や入院することで被った精神的苦痛が認められると入通院慰謝料、また後遺障害認定されると後遺障害慰謝料も支払われます。賠償金や示談交渉の席では、普段聞き慣れない言葉が多く出てきます。交通事故相談に慣れている弁護士に依頼すると、交渉はスムーズに進み支払われる金額も増えるでしょう。

後遺障害が残った場合は交通事故弁護士に相談しよう

交通事故にあった場合、後遺障害が残ってしまうことがあります。後遺障害というのは、その交通事故による傷害が、入院治療を継続しても完治させることができないことを言います。

症状が依然よくならないことを、症状固定といいます。障害を完治させることができず、痛みや残ったり、歩行が困難になったり、介護がないと生活に支障をきたすようになったり、重篤な場合は寝たきりになってしまう場合もあります。

このような場合では慰謝料を請求することができます。慰謝料の請求に関しては、交通事故弁護士に依頼することを強くおすすめします。弁護士を通すことで慰謝料の額が大きく変わってくる可能性があるからです。

後遺障害を交通事故弁護士に頼むメリット

交通事故に巻き込まれてしまうと場合によっては後遺障害が発生してしまう可能性があります。そんなときに役に立つのが交通事故弁護士です。実は、後遺障害というのは認定されるのが非常に難しいです。

例えば、むちうちだとMRIを撮っても画像にはっきりと現れないことが多いので、認定されないといったケースがよくあります。そういった時、交通事故弁護士がいれば医師に追加検査を依頼したり、後遺症診断書の内容について交渉してもらえたりすることが出来ます。依頼していない場合は全て自分でしなければならないのでとても大変です。

交通事故について

大阪弁護士会

https://www.osakaben.or.jp/

〒530-0047 大阪府大阪市北区西天満1-12-5

千葉県弁護士会

http://www.chiba-ben.or.jp/

〒260-0013 千葉県千葉市中央区中央4丁目13番9号

メニュー

TOP 相続手続き 離婚相談 債務整理 過払い大阪 交通事故弁護士 交通事故慰謝料 交通事故 B型肝炎訴訟 弁護士

安心サポート案内

交通事故について

B型肝炎訴訟